ポイ捨てのないまちにしよう

長糸小学校四年生が校区をポイ捨てのないまちにしよう と、小学校付近の道路や河川敷のゴミ拾いをして、その実態に触れました。
 河川周囲の草むらと道路の二コースに分かれて行ったそうです。
結果は、道や川に比べ、草むらにゴミの投棄が多いことを指摘しています。
道路は人通りが多いのでゴミが少ないのだろうけど、草むらは人通りが少ないのでゴミを投棄するので多いのだろうと分析しています。
言い換えると「公徳心」のない人の存在を指摘しているのだと思います。
○不燃ごみに比べ燃えるゴミが多いこと。
特にたばこの吸い殻が目立ち、一部には針金類の投棄もあったようです。

「あなたはこのゴミを見てどう思いますか?」
集めたごみの中に「タオルやパンツ」「ビニール袋に入ったゴミ」の投棄されたものをも発見した子どものレポートにある問いかけと警告です。
【タオルやパンツは川泳ぎした子どもの忘れ物だろうし、菓子袋や飴の包み紙類も子ども達だろと思いますが、ビニール袋に入れたゴミの投棄は確信犯ですね。モラル欠如の大人が居ることへの指摘と警告で、子ども達に恥ずかしい限りです。】
総合学習の時間に4年生が自分たちで発議しゴミ拾いを通じて環境調査をした結果のレポートを長糸公民館ロビーに展示しています。

P1060879v500

長糸をポイ捨てなどのない美しい環境にしよう と子どもの目で真剣に取り組んでくれている姿がありありと浮かびます。 この写真を見る この写真を見る この写真を見る

ポスター(調査レポート:掲載順不同) この写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見るこの写真を見る この写真を見る この写真を見る

 

長糸校区の住民としてこの子たちの期待や夢を裏切らない様、お互いに協力してポイ捨てをしないように、また、させないように努めましょう。

19日(土)午後から「長糸の環境を守る会」のパトロールがありますので、小学生が指摘した個所もパトロール対象にしようと考えています。

※お断り パソコンのOSをWindows8.1に入れ替えたらこのブログの作成に一部対応できない部分が生じました。 文章強調のための色文字が表示できませんし、今年11月でOCNのブログ用サイトは閉鎖される予定なので、それに合わせ「IT長糸の風」も閉鎖しようかと思いましたが、毎日20名近くの方が見てくださっているし、他へ引っ越すことに決め、現在その準備作業中です。 引っ越し先への作業が済み次第、新しいサイトのURLをお知らせしますので今後とも可愛がって下さい。

[nggallery id=231]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください