台風一過

長糸も2020年台風9号・10号と続けざまに襲われました。
台風9号は我が家の庭にある肉桂の大木の枝(直径約10㎝以上)が幹の付け根から折れてすぐ横の槇の枝に支えられて落ちることがありませんでしたが、公民館長より教えていただくまで気が付きませんでした。
通学路沿いに生えていた自然萌えの楠木(直径約6㎝)が途中から折れていたので、通学の邪魔にならないようにすぐ片付けました。

10号では市より避難勧告も出され築100年以上の我家が耐えるだろうかと、一時は避難も考えました。
風向きを考えると何とか耐えてくれるだろうと期待し自宅待機をしました。
今日昼前に見て回ると大木群も何とか耐えてくれており、家屋も損傷個所は見当たらず一安心しました。
自家用家庭菜園のいんげんの柵が倒れている程度でした。
親戚の叔母より電話があり1㎞程離れたところにある雉琴神社が大変なことになっていると教えられ、ネットで探すと境内にある寿齢200年の欅が社殿に倒れ掛かっているのを見つけました。
他に被害が無ければと祈っています。

心配してこのサイトを見てくれた方が多いことに感謝します。(通常20~30名の方が今日は600名の方が閲覧してくれています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください