同和問題啓発強調月間行事が行われました

5日(土)長糸校区も長糸支部同協・校子連・青少年育成指導員会・PTA合同で開催され、街頭での啓発、小学校での授業参観(人権に関する授業)、わかたけ集会・人権コンサートが行われました。


各学年の授業風景
一学年 この写真を見る
二学年 この写真を見る
三学年 この写真を見る
四学年 この写真を見る
五学年 この写真を見る
六学年 この写真を見る

体育館での五六年生による人権標語発表(発表された標語は合同文化祭の時に掲示されます。)
五年生 この写真を見る
六年生 この写真を見る

なお、次の作品が選ばれました。
優秀作品
五年生「いじめはね 人の自由を うばうんだ」
          「家族はね いつでもそばに いてくれる」
          「やさしさは 自分がめだつ 光だね」
六年生「たのしいな あいさつすると いいきもち」
          「差別こそ 人に対する 刃物だよ」
          「友達に 相談しよう いやな事」

次の標語はながいと夏祭り「人権うちわ」に掲載予定です。
五年生「あいさつは 一人一人の たから物」
六年生「やさしさは 笑顔を増やす まほうだよ」
 〃 「思いやり その心がけで すくわれる」

体育館での人権コンサート風景
今年は糸島在住のmonさんに「生まれてきてくれてありがとう」を表題にトークと歌を披露してもらいました。この写真を見る この写真を見る
聴衆スナップ この写真を見る この写真を見る
自分の子供のころの体験を交えたトークには小学生も興味津々この写真を見る
長糸保育所の年長組さんも熱心に聞き入っていました。この写真を見る
トークが長引くとと幼児には無理なのか この写真を見る

[nggallery id=227]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください