校区社協先進地視察研修

10月5日(金) 「校区社協先進地視察研修」として飯塚市二瀬地区安全協議会の活動状況を研修してきました。二瀬地区安全協議会 は平成21年に国が指定した全国54の市町村の内、福岡県内3地区の一つとして「モデル地区」指定を受け活動をされています。

二瀬社協会長の説明

この写真を見る 熱心に聞く長糸校区社協の皆さん

校区災害時助け合いマップは長糸校区全体としての自主防災活動にも応用できる手法と感じました。(大事なのは作りっ放しでは無く毎年更新されていることを見習うべきと思いました。)

隣組単位に表示された助け合いマップ

ただ、子ども会等の活動組織が地域の特性等もあり消滅方向にあることを嘆いておられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です