卒業おめでとう! 17名の児童が長糸小学校を巣立ちました。

3月18日(水)糸島市立長糸小学校で「第126回卒業式」が行われました。
卒業生は17名と少数ですが、この仲間も過去の先輩同様に内に秘めた能力は、計り知れないものを持っていると信じていますし今後の活躍に期待しています。
卒業生の入場を待つ在校生と保護者 この写真を見る 
卒業生に送る言葉を述べる在校生 この写真を見る 

今年の卒業生が、三年生の時糸島市内の各小学校による「第9回小学校音楽会」が「伊都文化会館」で行われました。
長糸小学校代表として、年末に各地で歌われる「第九(第四楽章の歓喜の歌と思います)」をドイツ語の合唱と日本語とで発表しました。
大きなステージ上に17名 この写真を見る
他の学校 この写真を見る この写真を見る この写真を見る に比べると随分人数が少なく声が観客席に届くのだろうかと心配しました。

でも、東京ドームで行われたフラッグフットボール決勝戦の日に「ずいぶん広いな~」と芝生に寝転がって天井を眺め、関係者をびっくりさせた先輩たち同様、いざとなると物怖じしない長糸小学校の子どもの気風は引き継がれていました。

合唱が始まると、会場はドイツ語での合唱にどよめきましたが、すぐに静まりハーモニーの素晴しさに聞きほれていたと思います。

この子たちの音楽会出場当時の姿 この写真を見る
卒業式での姿 この写真を見る を見比べて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です