長野川浚渫工事が始まりました

宇美八幡宮前長野川と川付川合流点より少し長野川上流から門口橋下流800mまでの全長約1,500m 間に堆積した土砂約11,900㎥が浚渫されます。


現在は搬出土量調査の測量が行われていますが、この写真を見る この写真を見る 工期は5月一杯の予定なので毎日かなりの台数の搬出用ダンプが往来しますので事故に遭わないように気をつけてください。
今年は蛍の飛来が少なくなる箇所が出ると思いますが校区の希望での工事なので我慢して数年後の飛来復活に期待しましょう。
※4月23日午後1時過ぎツバメの飛来目撃。

4月26日工事状況(長野部分)
大野二丈線門口橋下流(長糸保育所付近)この写真を見る この写真を見る
長野(稲原公民館付近)この写真を見る この写真を見る
5月2日工事状況(川付部分)
約1m掘り下げ(浚渫)されていますが更に50cm浚えられる予定。残念ながらこの付近の蛍やトンボ類の幼虫や川蜆等は全滅したけど、回復力に期待しましょう。この写真を見る この写真を見る この写真を見る この写真を見る

※浚渫工事の為、水嵩が少なくなり砂場が出来た河原で遊ぶ子ども:この写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です