長野川

梅雨明け以降、暑い日が続いていますが、長野川は子どもの絶好の水遊びの場所になっているようです。

昨年までは中・高校生が主流でしたが今年は小学校の体育館耐震補強工事に伴いプールが使用できず小学生の姿も見かけます。

昭和30年代以降は農薬の影響や生活用排水での汚れがあると遊泳が禁止され市内の全小学校にプールが作られたと聞いています。(解禁になったか確認はしていませんが最近は農薬使用規制と各農家が減農薬に取組んでいるので黙認状態なのかもしれません。)

春先は釣り、夏は子どもの絶好の遊び場付近Dsc08351cutw750

堰堤で深みがあり水門開閉用工作物が絶好の飛び込み台 この写真を見る  この写真を見る  女の子も負けてはいません この写真を見る  一寸危険な態勢で飛込みをする子もいるけど この写真を見る  水温が冷たいので泳いだ後は合成ゴム製の可動堰が採暖の格好な場所。この写真を見る この写真を見る この写真を見る 事故が無いように時々皆さんものぞいて声を掛けてください。【追加掲載記事】

同じアングルの全景写真を載せておきます。
2486_001cutw750_2

5日(日)地域の環境整備の日に大原地区の人により左岸側管理道路の草刈が済んだ状態ですが、河川内の葦や堤防部の雑草は放置状態です。(県の管理河川ですが予算的問題で放置され常時この状態、以前は地域で見かねて年数回行っていたが、心無い人により不法投棄された空き瓶や空缶の為に作業中の人の怪我が度重なり又、住民の高齢化も進み地元では廃止しました) 葦の中の水流部分を探し遊ぶ子どもを見かけました。この写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です