糸島市消防団操法大会

7月22日(日) 糸島市消防団操法大会 午前8:00~志摩庁舎 ポンプ車操法に長糸分団自動車班・小型ポンプ操法に瀬戸班の団員が出場します。(昨年の様子スナップ) この写真を見る  この写真を見る  応援に駆けつけて励ましてください

(操法大会に向け団員は一ヶ月以上、夜間に訓練し技術を磨いています。現在は雨天以外は西部カントリー・雨天の場合は長糸小学校ピロティーで練習しています。)  

【追加掲載】

7月11日夜 区長会及び後援会のメンバーで訓練の激励に行きました。

時々雨が降っていましたが この写真を見る 仕事の疲れもものとせず一生懸命に訓練に励む姿には頭が下がります。この写真を見る

【7/23 追加掲載】

約1ヶ月以上の訓練の成果を発表する大会が開かれました。

糸島市消防団全団員が志摩庁舎前に集合し、この写真を見る  (小池分団長以下長糸分団員の勇姿スナップ) この写真を見る  自動車ポンプ13分団、小型ポンプ(可搬式)12分団の選手による操法について糸島市消防本部職員のよって厳しい採点が行われました。

当日は宇美八幡宮の宮司「武内公文先生」の葬儀と重なり役目柄私は途中で葬儀の方に駆けつけたため長糸分団の実技を見ることが出来ず活躍状況のスナップが撮れず選手の皆さんには申し訳なく思っています。

ほんの僅かな点差で入賞は出来ませんでしたが、自動車、小型とも3番員の選手が最優秀賞の栄誉を受け準優秀の評価を受けた選手もいた事に地域の一人として嬉しく思うと共に「3番員」の評価は消火作業では目立たないが、ポンプから的確な水圧で送水し消火作業が滞りなく出来るよう緻密な操作を求められる部門で二人ともその技量が最優秀だと認められたのであり大いに評価し、長糸分団員全員の日頃の活躍を賞賛したいと思います。(長糸分団選手慰労会で皆に今日の成果を称えられた長糸分団の選手スナップ)この写真を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です